タカシマメンテナンス

タカシマメンテナンス

太陽光発電所のO&Mがガイドライン通りなされていないと、売電権利失効の恐れも。
異常発見のためだけでなく、収益性を上げるメンテナンスを。

改正FIT法により、ガイダンスに基づいた太陽光発電所の保守・管理が必要になります。
メンテナンスが適切に行われていないと、売電権利が失効する恐れがあります。

最新情報
一覧を見る
太陽光発電のO&Mはタカシマメンテナンスにお任せください
例えばあなたが発電所を購入する際に、しっかりと点検・管理されて不具合がないよう整備された発電所と、何もメンテナンスがされていない発電所、どちらを選ぶでしょうか? 規模やパネルの枚数が同じだからといって、発電所の資産価値が同じだとは限りません。確かなO&Mが、太陽光発電所の資産としての価値を上げるのです。
また、2017年4月より施行される改正FIT法では、O&Mが必須項目として義務付けられるようになるとされています。つまり、O&Mをきちんと計画に盛り込んでいないと、今お持ちの発電所の売電権利が失効する恐れがあるということなのです。
※O&M=運用及び保守管理(Operation and Maintenance)のこと。
1

潜在的なリスクを割り出す

あなたの発電所のO&Mを任せていただけるなら、まず私たちが行うことは、その発電所の潜在的なリスクを見つけることです。
現状、あなたの発電所でこんなことは起こっていませんか?
発電所の地盤が緩み、崩れてきた
架台がだんだん歪んできた
そもそも使用してはいけない部材を使用している
架台を支える杭が沈んで/抜けていっている
などの現象が起きている場合、これらは通常の点検だけでは回避できないリスクとなります。あらかじめこれらをクリアしておかないと、私たちがO&Mをしても意味がありません。
そのため、まずは発電所に於ける基準となる点検・調査・診断を行います。
2

定期的な点検、日常的な監視で安全性を維持

発電所定期点検

定期的に発電設備の点検を行うことで、無駄な発電停止やパネル異常による発電ロスを防ぎ、安全性を維持します。

2017年4月からの改正FIT法における、O&Mのガイドライン(参照 )やメーカーの保証内容にのっとり、的確な点検を行います。点検・検査した内容・結果は、お客様にわかりやすい形で報告書として提出し、それを元にその後の改善方法についてご提案させていただきます。
基本的には1年ごとに行い、点検・分析・診断・提案・改善を行って発電所の安全性を維持、または向上していきます。
スポット的に点検・検査を行うことも可能です。

定期点検ステップ
発電状況監視サービス

発電状況を遠隔で常時監視することで、異常の際の発電ロスを最低限にし、発電所の収益性を上げます。

太陽光発電は、発電する上では人手を伴わず、1年365日昼間は放っておいても発電してくれます。しかし、電気的な機械が組み込まれている以上、日々確実に動作し続けるという保証はどこにもありません。そこで重要になるのが、遠隔監視サービスです。
当社で日々あなたの発電所の発電状況を監視するので、パワーコンディショナやパネル(※)に異常が派生した際には迅速に対応することができます。特に遠隔地に発電所をお持ちのお客様の場合、遠隔監視を導入していないと、もしも発電が停止していても気づくことができず、大幅な発電ロスを招くことにもなりかねません。
ここで、遠隔監視をしていなかった場合の発電ロスの損失額(概算)を見比べてみましょう。

【高圧発電所の場合】
電力会社からの検針票が毎月送られてくるので、そこで気づいたとして最長一か月のロスを試算します。
500kW設置・買取単価36円
一か月停止していた場合
年間予測発電量:600,000kWh(1,200kWh/kWとする)
年間売電金額:21,600,000円(買取単価36円)
21,600,000円÷12ヵ月=1,800,000円の損失
1MW設置・買取単価40円
一か月停止していた場合
年間予測発電量:1,200,000kWh(1,200kWh/kWとする)
年間売電金額:48,000,000円(買取単価40円)
48,000,000円÷12ヵ月=4,000,000円の損失
【低圧発電所の場合】
電力会社からの検針票だけでは妥当な発電量かわからず、また主任技術者も必要なく法定点検も行われないので、パワーコンディショナが半分停止しているとして最長1年のロスを試算します。
60kW設置・買取単価36円 1年間PCSが半分停止していた場合
年間予測発電量:72,000kWh(1,200kWh/kWとする)
年間売電金額:2,592,000円(買取単価36円)
2,592,000円÷2=1,296,000円の損失 (設備費用のおよそ8%相当

上記はあくまで概算とはいえ、架空の話ではありません。企業様ですと、太陽光発電の担当者と電力会社からの検針票を確認する部署が異なり、発電停止に気付かずさらなるロスを生んでしまう可能性も十分にあります。このように、遠隔監視していないがために「気づかないこと」が大きな売電ロスを生み、あなたの発電所の安全性、つまりは資産価値を下げてしまうことになるのです。

オプション
3

資産価値の向上に重きを置いたO&M

当社は、太陽光発電所を「設備」としてだけ点検するのではありません。設計から施工まで、一貫して請け負う確固たる技術力に裏打ちされた分析力で、資産価値の向上に直結する「発電電力の品質」の維持に重きを置き、そのための専門的な計測作業も行います。
こうしたこだわりが、あなたの発電所の収益性をさらに高めることにつながるのです。

I-Vカーブ測定

例えばパネルの発電量が落ちているとき、それが天候によるものなのか、パネル自体の不具合によるものなのか、その判別はなかなかつきません。一般的に行われる太陽電池の開放電圧の測定検査では、不具合があっても電圧の値としては出てしまうので、それだけでは正常かどうかはわからないのです。そこで、I-Vカーブ測定を行うことで、発電が落ちている場合に、パネルの不具合なのかを判別することができます。多くのメーカーで、パネルの性能保証は20~25年と謳われているので、早々に不具合を検知し、正常なものに交換してより良い発電をする事が大事です。

I-Vカーブ

パルス印加式テスト

太陽電池モジュールをつなぐケーブルやモジュール内部のセル間の断線、劣化度がわかる検査です。断線を早期発見することにより、発電ロスを低減し、モジュールの発火などの事態を未然に防ぐことができます。パネルを点検する上で、最も重要にもかかわらず最も時間を要するものが、「異常パネルの特定」です。ストリング(直列1回路)にパルス信号を印加(電圧信号を与えること)し、応答波形を解析することで異常の有無・位置を推定していきます。

異常感知メッセージ

点検を実施した報告書は、お客様の目線でわかりやすいものになっています。
あなたの発電所の現状をA~Dでランク付けし、診断します。問題点があれば同時に改善に向けて提案させていただきます。

報告書サンプル
4

不具合・故障事例

当社がこれまでメンテナンスしてきた中で見られた、決して他人事ではない太陽光発電所における不具合・故障の事例をご紹介します。特に屋根設置の場合、不具合の放置が火災につながることがあり、太陽光発電は水を使って消火すると感電する危険性があるため、被害が拡大する恐れがありますので、特に注意が必要です。
パネル割れ
パネルの割れ
落石などによるパネル表面のガラスの割れが見られました。発電せず熱を持つ可能性があります。
ジャンクションボックスの焼損
ジャンクションボックスの焼損
発電所への落雷と思われる原因により、パネル裏面のジャンクションボックスと呼ばれる箇所が焼損し発電しなくなっています。
パワーコンディショナの焦げ
パワーコンディショナの焦げ
パワーコンディショナの機器異常により、基板部分が熱を持ち焦げてしまい、停止していました。
ボルトのゆるみ
ボルトのゆるみ
施工不良により、ボルトの締め付けが緩く、このままだとパネルが外れる危険性があります。
パネルの間から雑草
パネルの間から雑草
パネル間から雑草が突き出しており、パネル上に影ができ、長期間発電不良を起こしていました。
接続箱の水没
接続箱の水没
置き型の接続箱内に水が浸入してしまっています。このままだとショートし、全回路停止、火災の恐れがあります。
スネイルトレイル
スネイルトレイル
パネル不良の一つ。この時点では大きな異常とはなりませんが、このまま放置しておくと、パネルの発電低下を招くことになります。
留め金具に異物
留め金具に異物
施工不良により、なぜかパネルを抑える金具に異物が挟まっています。セルに乗っている部分がホットスポットの原因になります。
パネル外れ
パネル外れ
ボルトの締め付けが緩かったために、台風などでパネルが外れています。近隣への二次被害を招く恐れがありますので非常に危険です。
5

メンテナンス実績

当社がただ今メンテナンスをお任せいただいているお客様の、遠隔監視状況、点検状況の実績をご紹介します。
メンテナンス実績全国図
6

お問い合わせ

私たちのメンテナンスサービスについて、ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。
当社が施工していなくてもかまいません。たった一度きりの点検でもかまいません。お気軽にどうぞ。
メッセージは無事に送信されました。
Copyright. Takashima Co,.Ltd. 2016 / All rights reserved.
ページトップへ